入会案内

はじめに

ASPセラピーとは、フランス、Sedatelec®社が製造するASP-Needleを使用した、ASP耳鍼療法(米軍名称:Battlefield Acupuncture・BFA・戦場鍼治療)及び、ASP皮内鍼療法の2つの施術法の総称として医学博士・襖田和敏氏が2019年に名付けた施術法です。

ASP耳鍼療法とASP皮内療法を主に、疼痛のコントロールのみならず、小児はりや美容鍼灸の分野にもその対象を広げております。

アメリカの医師、Richard C. Niemtzow博士が研究開発して、米軍が採用してるBattlefield Acupunctureを参考にして、日本人の体質に合わせる工夫をしながら、即効性と再現性を高め日々の臨床に活かしております。

※当協会の会員が施術に使うASP鍼は、厚生局から薬監証明を所得して、正規のルートにて仕入れたASP鍼です。ASP鍼で施術を行う施術者は、施術者本人が薬監証明を所得していなければどのような理由でも施術できず、例え同じ施術所内でも薬監証明を所得していない施術者が施術すれば法で罰せられます。巷では、施術者側の無知に付け込んだ悪質な転売によるASP鍼の施術がブームになり、施術者本人が薬監証明を所得しないで入手されたASP鍼による施術が横行しております。施術をご希望される側も十分注意して施術をお受けください。

※当協会は株式会社マツウラ主催、Battlefield Acupuncture研究会(Japan Battlefield Acupuncture Research Group)が前身の団体となります。

JATAへの入会について

スタートアップメンバーはわずか5名でしたが、メンバーがそれぞれの得意分野で協力し合い、また弁護士や保険会社と相談した上で、ASP鍼を使用する上での法的な問題や賠償責任保険による適応、施術同意申込書の作成などについて、新規に取り扱いを希望する先生に安心して施術してもらえるだけの知識を提供できる準備が整いました。

協会を設立するにあたり、それなりの時間やコストがかかっているのですが、営利を目的とした団体ではありませんので、それを回収する見込みも意思もありません。

これも『正しくASPセラピーを普及させたい』との想いからです。

しかしながら、これからも非営利で公正な普及活動を継続していくためには、志を同じくする皆様からの資金協力が必要不可欠です。

そこで、ASP鍼を取り扱う皆様には是非この協会に入会して頂き、活動費の一部をご負担頂けないかと考えております。

その見返りとして現段階でご提供できるものは、今までに作成してきた資料を配布することくらいしかできませんが、同志が増えてくればこの先きっと活動の幅も広がり、私たち鍼灸師の社会的地位向上に繋がるものと信じています。

皆様のご入会を心よりお待ちしております。

私たちと一緒にこの協会を業界一の発展的な団体に育てていきませんか?

会費について

正会員(個人) 学生会員(個人) 賛助会員A 賛助会員B 
入会金 15,000円 不要 不要 不要
年会費 12,000円 6,000円 120,000円 120,000円

賛助会員A:施術所を有しない個人又は団体

賛助会員B:施術所を有する個人又は団体。
(団体内で施術者を 5 名まで登録できる。年度内の登録者変更はできない。なお退会は可能とする。)

  • 入会には入会金と年会費が必要です。
  • 会員になられますと、認定施術者(認定施術所)として登録し公式SNSでご紹介します。尚、掲載を希望されない場合は総務部までメールでご連絡ください。
入会資格

医師・歯科医師・はり師・きゅう師、またはこれらの学生、当協会が許可した方。

詳しくは、LINE、メールから入会資料をご請求ください。

入会についてのよくある質問

Q1.入会前、戦場鍼/ASPセラピーの何に期待しておられましたか?

  • リフトアップ・ダイエット・リラクセーション(耳のマッサージと併用した様な耳鍼のメニュー化)などです。
  • ASP(BFA)耳鍼療法の効果の実際(特によくある主訴である肩や腰周りの症状に、通常の鍼灸施術に対してどのように結果が現れるのか)、患者様に対してより痛みを軽減させ満足して頂きたい期待、戦場鍼療法という日本では行われていない施術を新たに行い、広めていく、患者様に周知して貰えることを期待していました。
  • 痛みやコリへの即効性です。
  • 美容鍼や美容整体を目的にお越しになる子育て中の方が多いので、肩こりや腰痛もメニューちょい足しで対応することが出来るのだろうか?効果のある施術に期待していました。
  • 痛み緩和の即効性、美容効果に期待していました。
  • 疼痛疾患、特に中枢神経系に感作をきたした強固な慢性痛に対する治療への選択肢を増やすことです。

Q2.入会後、戦場鍼/ASPセラピーはどの様にお役に立っていますか?

  • 生理前症候群の緩和ケア、更年期、ホットフラッシュなど、定期的な治療として来院に繋がっています。
  • ASP(BFA)に限り出張先で患者様に服を脱いで頂いたり、ベッドで横になってもらったりすることも無く(患者様には座位にて施術を行っています)スピーディーに気軽に施術を行える事、ほぼ確実に変化を感じてくれる事です。また、効果の出方が鈍感で他の接骨院で施術を受け、全く変化が無いと感じていた患者様が唯一良い変化があった施術と仰っていました。その他、服を脱がなくて済むのでありがたいという患者様の声が多いです。
  • ASPセラピーによりスピーディーな効果があった患者様は鍼灸への信頼性が高まり、次の段階として全身への鍼灸施術をオススメすると、すんなり受け入れてくださることが多いです。ASPセラピーの即効性に満足してくれた患者様は、新たな患者様を紹介してくださることが多いです。女性の患者様はリフトアップ効果についての満足度が高く、リピーターになってくれています。
  • 想像以上の効果でお客様に喜んで頂いています。そしてASP刺入時の痛みも比較的女性には耐える事が可能で施術時間の短かさ・効果の持続性がとても好評です。
  • 効果として目の疲れ、腰痛が術後に大きく緩和されました。
  • 強固な慢性痛に速やかな鎮痛効果を発揮でき、対処しやすくなりました。また、着衣でも行える手軽さが、非常に狭いスペースでの施術を要求されることもある訪問治療と相性が良いと感じており、導入の大きなメリットの1つです。週に数回の頻度で訪問するケースも多く、店舗型と異なり抜鍼のために来院して頂く必要もないので患者様に理解を得るのも容易だと感じています。

Q3.入会前に知りたかったことは何ですか?

  • 美容とどこまで結びつけられるのかです。
  • 入会と施術に掛かる準備費用(ASP鍼の料金等)、施術の際に生じる痛みの有無です。
  • ASPセラピーを受けた患者様の生の声、感想です。
  • 経験がない状態で輸入する事が出来るのか?施術後の副作用やどんなクレームが出る可能性があるのか?その対応の仕方などが気になりました。
  • 刺入に伴う痛みです。
  • ASP鍼の輸入手続きや耳鍼の作用機序などです。
オンライン戦場鍼/ASPセラピー概要説明会では、入会をご検討中の施術者のご質問に直接お答えします。開催日程や参加申込みなど詳細は「オンライン戦場鍼/ASPセラピー概要説明会」のページをご覧ください。

オンライン戦場鍼/ASPセラピー入会説明会

日本ASPセラピー普及協会へのご入会をご検討されておられる、医師・歯科医師・はり師及び医療系学生の方を対象として制作しております。

この説明会へのご質問やより詳しくお知りになりたい方は、オンライン質問会または体験セミナーをお申込みください。

入会資料請求・オンライン質問会・体験セミナー申込みは、メールかラインでお問い合わせ下さい。